プチ模様替え

久しぶりにローマンシェードのカーテンを洗濯、手洗いしました。

それから、アロマルームで7年近く使用していたランプシェードが老朽化してしまったので、新しいものと交換。

同じサイズが見当たらなかったので、少し大きめのものになったのですけど、大丈夫でした。

いずれ好きな布を使って自分でもローマンシェードやランプシェードを作ってみたい☆

ローマンシェードのほうは普通のカーテンを作るよりも簡単なので、挑戦できたらと思っています。

秋になるとなぜか何かを作りたいという欲求が噴出してきます。

さて、今日はトイレのプチリフォームを少ししました。
未だ途中ですけどね。

クッションフロアを張り替えることにしたので、古い方を剥がしました。

こんな風にカッターでぺろっとめくって、その後手が引っ張りながら少しずつ剥がすことができたのですが、便器やタンクが邪魔で奥の部分を剥がすのが大変でした。

考えてみると、通常は便器やタンクを設置する前に壁紙、巾木、床を貼ると思うので、自分でリフォームする場合は本当はトイレやタンクを一旦外したほうが本当はいいのかもしれません。

簡単に外せるものなのかちょっとわかりませんが、そのままの状態でなんとか頑張ってみるとことに。
img_9944

巾木も剥がれてきていて、夫がボンドでつけようとして接着してくれず、中でボンドが固まり、ホコリまで入ってしまって、とっても見苦しい状態になっていました。

それで、改めて新しい巾木と取り替えて貼るつもりでいました。


しかし、便器やタンクがあるので奥まで貼れないことが判明し、古い巾木自体を剥がすのも大変そうだったので、とりあえず応急処置として写真のように幅広のマスキングテープを貼ってみました。


テープ自体は可愛いですが、色味も壁紙の柄や巾木の色、新しいクッションフロアの色とも微妙に合ってないので、さてどうしましょう。

壁紙の上に漆喰を塗って壁を無地にしてしまおうか、壁紙や巾木に合うテープを探してきて貼ったほうがいいかしら。。。

ちょっとしばらく悩みそうです(苦笑)

それと大失敗をしてしまいました。

新しいクッションフロアに型紙を写す時に反対に書いてしまって、いざはめ込もうとしたときに端の凹凸部分が合わなくなってしまうというミスをおかしてしまいました。

うまく帳尻合わせて誤魔化すしかなく、巾木の問題もあるのでクッションフロアは未だ仮置きの状態です。

実はもうひとつ問題が発生しました。

クッションフロアを剥がしたとき、下はベニヤ板になっているんですけど、軽く触れてしまったのか両手がかゆかゆになってしまって、恐らく以前使われた接着剤の影響? なのかちょっとよくわかりませんが、手が赤くなり、痛がゆくなってしまって、しばらく変な感じでした。

精油を入れたお風呂に入ったらかゆみは治まりました。

軍手しないで触ってしまったのがいけなかったみたいです。(TT)
貼付けるのは強力両面テープにしようかなと思っています。

続く

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s