こころ開いて

娘ととある事で話をしていました。

それは自分にとってはハードルが非常に高いもので、現実的に考えるとどう考えても難しく、きっと一生無理かもしれないと思ってることで、深いところではそれを望んでいても頭ではきっとダメだ、別に今のままでもいいやと何処かで思っていて、生きているだけでも幸せなんだから、今を大切にしていけばそれでいいと思っていました。

そしたら、娘にそう考えてる時点で駄目なんだよ。

人生まだ60年はあるんだから(長生きした場合)、きっと大丈夫だから、諦めちゃだめ。

心はそうかもしれないけど、魂はそれを望んでないんでしょ、じゃぁその考え方は辞めなくちゃと言われました。

本当はこうしたいと思う事やこうなって欲しいということがあっても、現実的なことを考えてしまい、どうしても心が邪魔をしてしまいます。

もう失敗したくない、傷つきたくない、期待もしたくない、がっかりしたくない、別に今のままでもいいかな、そう思っていました。

しかし、それってまっすぐな想いじゃないんだ、疑い、自分を信じられない、相手を信じられない、まっすぐな想いで進んでいけないときというのは無意識に心を閉ざしてるということなのかもと今更ながら気付かされました☆

閉ざしていてはいけませんね。

心を開かないと。

ranaculushalf

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s