The power of touch 

IMG_7331
先日友人と話ていて人に触れてもらうことがいかに大事かをまた認識させてもらいました。

赤ちゃんはお母さんにふれられることで、自分というものを確立していきます。

今まで当たり前すぎてあまり考えたことがありませんでしたが、

「人に触れられることで自分を認識していく」

これってすごいことなのかもしれないと思いました。

触れられることで脳が刺激され、ホルモンが出たり、精神的にも安定するので、おんぶされたり、抱っこされたり、手で触れられるということは赤ちゃんの成長期にはとっても大事なことで、それを沢山された子とそうじゃない子では、心の安定度が成長していく過程の中で全然違うという話もあったりして、確かにそうだと思いました。

赤ちゃんに限らず、成長期のこども、大人になった今でも、大切な家族に触れてもらうこと(スキンシプ)はとっても大事だと思います。

手を繋ぐ、ハグをする、キスをする

日常の何気ない動作ですけど、そこに相手の愛情を感じることができたり、自分は受け入れられているのだという肯定感を促してくれます。

一方トリートメントは五感を非常に刺激してくれるものだと思います。

香り、手のタッチ、触れられることで自分の身体の疲れ具合を更に気づく事ができたり、リラックスすることで心も頭のねじもゆるんで、やさしい気持ちにも戻れます。

セロトニン、ドーパミン、エンドルフィンなどのホルモンの分泌も促します。

そして、また深い気づきを促すことも可能だったりします。

アロマを学んでいて良かったなぁと思うのは家族にできること、自分にも使えること。

家族と手のタッチ(アロマトリートメント)を通してスキンシップができることはほんとうにしあわせに感じていて、特に主人の家族とアメリカで過ごしたことき、スペイン語があまり得意ではないわたしにとってトリートメントを通して毎日義理母や義理姉とふれあう機会が持てたことはとても素敵な思い出になり、途中主人が合流して、彼も一緒にお母さんにトリートメントをしてくれたときも嬉しくて夫婦で一緒にトリートメントができることが妙に嬉しくて涙が出てきそうだったことがあります。

こういうとき言葉はいりません。

ただやさしく触れられるだけで、相手も大きな安心感に包まれて、お互いの間に暖かいやさしい時間が流れます☆

写真は寝る前にブレンドしたものです。
スィートオレンジ、サイプレス、クラリセージの組み合わせ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s