ガーデンセラピー

ruchantateshina以前からお庭に憧れていて(マンション住まいなので)、娘も森の中で暮らしたいとよく言っています。

自然の中にいるだけで心落ち着きますし、植物は見てるだけで癒されます。

月曜日に会ったお友達から「畑を借りて、土をいじりたい」という話を聞いてから、なんだかまた無性にお庭や自然があるところへ行きたくなってしまいました。

そして、数日後、アロマのお友達と何かのきっかけでお庭の話になって、お庭がとっても素敵なペンションが小淵沢にあり、まるでターシャテューダさんのお庭を小さくしたようなところだよと教えてくれたので、ちょっと気になって調べてみたんです。

すると、ガーデニング雑誌に載りましたみたいなことが書かれていて、そのガーデニング雑誌のバックナンバーを見ていたら、「ガーデンセラピー」という言葉が飛び込んで来て、その言葉に釘付けになり、妙に気になってガーデニングセラピーを特集していた号を早速図書館で借りてきました。

そしたら、こんなことが書いてあったのです。

植物の香りと脳のことを研究している大学教授のお話が載っていて、メディカルアロマセラピーの分野の方みたいなのですが、レモングラスの香りを嗅いでいると認知度が向上するというデータが出ていて、認知症の人は前頭葉の血流があまりうまく流れていなくて、レモングラスや柑橘系の香りを嗅いでいると前頭葉に流れる血流が増えるということがわかってきていて、前頭葉は意思決定をする重要な場所で血流が増えれば、そこに集まっている神経細胞も活性化され、香りに対する反応がよくなったり、動きが活発になったり、認知症の改善が見られると考えられているそうです。

雑誌にあったのは芳香水と呼ばれるもので、精油ではありませんでしたけど、お庭にレモングラスを植えるのもいいってあったので、レモングラスの精油も使えるかもしれません。

kobana今、医療の現場で「庭」が注目を浴びているそうです。

世界のいくつかの医療施設のお庭が紹介されていました。

草花の香り、小鳥のさえずり、木陰、自然の力を取り入れることによって患者さんの不安を和らげようということみたいです。

以前にも書きましたが、わたしは田舎での暮らし、自然が一杯あるところでの暮らしに憧れています。

せめて、ベランダに緑を増やそうと計画中ですが、来年から修繕工事が始まります。

しかし、これがきっかけで今までベランダにあった夫のモノを整理できるチャンスが巡ってきたので、工事が終ったら少しずつガーデニングを始める予定でいます。

すごく楽しみで、どんな植物を育てようかなと妄想中☆

過去の関連記事:
認知症にアロマ
記憶と香り

201110301408001自宅でアロマやクリスタルのレッスン、自分や家族を癒すことを学べるアロマの講座や更に深く学べるコースをご用意させてもらっています。

アロマ体験講座のお知らせ
家族や自分の癒しのために学ぶアロマセラピーコース
(心、体、魂の癒しのレッスン)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s