風邪のひきはじめに

先日久しぶりにフェイシャルトリートメントの練習。

研修会の他に定期的にセラピストのお友達と練習会もしています。セラピストもいろいろな場面で疲れることがありますし、身体が本当に資本なので、もっともっとトリートメントしたいし、自分も受けていきたいといつも思います。自分の身体でもいろいろ感じてみて、使っていくことで勉強になること、体感することが沢山ありますし、自分も癒されて元気になります。

自分がフェイシャルトリートメントを受けるのは久しぶりで、すっぴん生活に入ってから初めてのフェイシャルでした。相変わらず、普段は化粧水は使わずに、ホホバオイル(ネロリ入り)やローズのクリーム(更にプラスフランキンセンス入り)を塗ってるのみのシンプルケアです。

しかし、おかげで肌の乾燥はあまりなくて、今までの冬の中で一番乾燥していない状態を保てています。そのため化粧水がなくても、意外に肌は大丈夫なんだな〜ということがわかりました。 どうやら、このやり方は自分の肌には今のところ合ってるようです。最初始めた頃は、前にも書いたように一時期的に一番乾燥しやすい箇所(眉間、まぶた、鼻筋、口の周り)が極度に乾燥しましたが、日が経つにつれおさまっていき、乾燥しなくなりました。 今は、ローズのクリームにサンダルウッドナッツオイルを数滴入れたものを少し塗ったりしています。まだまだ皮脂バランスが取れた肌ではありませんが、少しずつ改善されて行けばいいな〜と思っています。

精油やクリスタルにも沢山助けてもらっています☆

サンダルウッドナッツオイルって軽いですね〜。単独でつけた場合、通常のキャリアオイルよりかなりさら〜っとしていて、べとつき感が全然なくて、でも、肌はしっとりする感じがしました。これから注目していきたいオイルです。

それから、キャロットシードCO2も。

研修会でN子先生がブレンドに使ってくれた精油ですが、実はこの研修会のとき、わたしは風邪を引きかけていたのですけど、このときのオイルのブレンドがすごく良くてその後すぐに体調が戻り、本格的な風邪に移行せず回復しました。

トリートメントは背中と足のスペシャルバージョンの施術を受け、自分もさせてもらいました。今回普段より精油のパワーの恩恵をすごく早い形で受け取れたようなそんな気がしました。 精油を使っていても、すぐに回復できないときもやっぱりあるんです。そのときの自分の免疫力、心、エネルギー状態など、いろいろなものが重なり合って作用していきますから。 しかし、今回今まで全く使った事がない精油だったからっていうのも良かったのかな〜とふと思いました。ずっと同じ物ばかり使っていると体が慣れてしまって、精油の有用性が薄れてしまうことがあります。

キャロットシードCO2の精油は肝臓に有用性があると聞いたのですが、他にどんな効能があるか調べてみたら、いろいろ期待できる有用性があって他の精油と組み合わせて使ってみたくなりました。湿疹、乾癬、皮膚の潰瘍症状など皮膚のいろいろな症状やシミ、シワにも有用性があるようで、美肌を作るために使えそうです。赤血球を増加させるともありましたので、貧血にも対応できそうです。

他に関節炎やリューマチ、呼吸器系、などにも有用性があり、ホルモンのバランスも整えるなど、かなりいろいろ場面で使える万能な精油のようなので、使うのが楽しみになってきました。 注意としては妊婦さんは使えません。

全身の解毒作用もあるようなので、ジュニパーと組み合わせて使ってみたいな〜。2月の定例会は精油のいろいろな使い方のお話があったので、またそのお話を参考にして沢山精油を日々の生活の中に取り入れていきたいと思いました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s