お風呂

furosheep北米に滞在したことがある方ならご存知だと思うのですが、お風呂事情は日本と違っていて、アメリカでは朝シャワーを浴びたり、汗をかいたらシャワーを浴びるという感じで、お風呂に長く浸かっている習慣がないためバスタブが浅いです。一応お湯をためれば、半身浴はできますが、日本のお風呂にように外で身体を洗ってからお風呂に入るってことができない作りになっているので、最初に先にシャワーを浴びてからお風呂のお湯をためることになり、しかもシャワーの穴も大きいのでシャワーを浴びるときも日本のときとは違う感じです。

だから、海外へ行くとお風呂だけは日本のものがいい〜といつも思います。今回ほんとうは洗面器を持っていこうと思っていたのですが、向こうにもきっとホーロータイプの洗面器があるはずだと思って持っていきませんでした。でも、意外にぱっと近所で見つかるものでもなく、やっぱりプラスチックのものでもいいから洗面器を日本から持っていけば手浴や簡単な足浴ができたかもと思いました。 身体がとても冷えている義理母に足浴や半身浴を試してほしかったのですが、もともとお風呂に入る習慣がないので入りたがりませんでした。日本での生活が長いダーリンも滅多にお風呂に入りません。お風呂に入るととっても気持ちいいのにな〜と日本人のわたしはいつも思います。でも、慣れていないとやっぱりなかなかやろうと思えないのかもしれません。

お湯の体感温度もかなり違いますからね〜。

今回時々お風呂を使わせてもらったのですが、バスタブの隣にはトイレがあるので、長風呂していたら、みんなの迷惑になるかなと思い、そんなにじっくりゆっくり浸かるってことがあまりできなくて、お風呂に入った〜という気がしませんでした。それでも、シャワーだけより、断然違いました。お風呂に精油を入れて、それからエプソムソルトを見つけたのでそれも入れて入っていました。

エプソムソルトを使うのは初めてだったのですが、身体の血行をよくしたり、老廃物を出す手助けをしてくれるようなことをずいぶん大昔に読んだことがありずっと気になっていたもので、ソルトという名前がついていますが塩とは全く関係ないものです。実際に使ってみるとなかなかよくて身体が暖かくなるし、すっきりしました。日本にも持って帰りたかったのですけど、重いし、スーツケースが小さすぎて今回おみやげの数が限定されてしまい、買いたい物が沢山あったのですが、断念せざるを得ませんでした。次回は大きめのスーツケースで物をなるべく減らしていこうと思います。今回クリスマスの日に到着したので、クリスマスプレゼントもいろいろいただいて、予想外に荷物が多くなりました。しかも、思ったよりもこちらは寒くなかったので、着なかった服もあります。次回の旅はおみやげのスペースも考えて行きたいと思いましたし、南米に行くときは洗面器を持って行こうかなと思ったりしています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s