ひよこ豆を使って

tofuひよこ豆を使って豆腐が簡単に作れる~ということを知って、実際に作ってみました。 なんと、材料はひよこ豆と水のみ!

一晩つけておいたひよこ豆(1カップ)と水2カップ強をプーどプロセッサー(もしくはミキサー)にいれて、なめらかにしたあと、ふきんなどで濾して、液体を絞り出します。 ふきんに残ったものはおからとなり、この液体の部分が豆腐になります。

液体を最初強火にかけてから、だんだんとろみがついてきますから、中火にして、さらにもっさりしてきたら、適当な器にいれて冷やしておくと、自然と固まり、豆腐のできあがり~。 通常の大豆の豆腐のように「にがり」を入れる必要もなくて、とっても簡単でした☆

参考にしたレシピはこちら

あまったおからはコロッケに混ぜたり、炒ってうの花にしたり・・・

ひよこ豆なので、大豆の豆腐とはまた若干違った感じですが、なめらかで癖もなく食べやすいです。

海外に住んでいて、なかなか豆腐を入手できない、作れない、大豆にアレルギーがある、なめらかな豆腐っぽいものが食べたいという人にはなかなかよいレシピかもと感じました。

201005070756001普段、わたし自身はひよこ豆を使うときは、フムス(ペースト状のもの)やファラエルを作ったり、カレーやスープに入れて食べてますが、こういう作り方もできるんだと知って興味がわいて作ってみました。 カップ1で通常のお豆腐1丁に近い量ができます。 ちょっと我が家には多すぎました。 家ではわたししか豆腐を食べません・・・^^;

ひよこ豆の場合、豆腐にするより、スープに入れたほうが家族は食べてくれるので、次回は作らないかもしれませんが、豆腐を作る途中で温めていて、ふと思ったのが・・・

それは、液体とおからに分けたとき、液体のほうは熱を加えることで段々どろどろしてきます。とろ~としてこれだけでも味見しておいしくて・・・正直豆腐になったものより、このとろ~としたままのほうが好きかもしれません。

これはひよこ豆の豆乳。

乳製品が苦手なわたしは、通常シチューやグランタンを作るとき、豆乳を使ってますけど、このひよこ豆の豆乳も使えるかも・・・・

コクが出ておいしくなるかもしれません☆

豆も工夫次第でいろいろなものに変身するので、面白いです。

写真はずいぶん前に作ったピタパンとファラエルのサンドイッチです。 油で揚げずに、オーブンで油控え目に作ったときのもの。また、ファラフェルも作ろうかな。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s