xoxo

コロンビアの姪っ子からメッセージをもらって、最後にxoxoと書いてあって、わたしもxoxoとタイプし返しました。

とっても久々に使いました~

xはキス、oはハグという意味で、よくお手紙やメールなど、親しい間柄の場合、最後にキスハグキスハグと記します。

英語圏でメールや手紙のときによく使われる表現です。

南米では家族間でキスでのあいさつは普通で、メールのときや電話のときに、un besito(キス)あるいはmucho besitos(沢山のキス)と相手に対して言ったり、手紙にも愛をこめてとか、ハグを意味する言葉を書いて締めくくるのが一般的です。

なので、最近はスペイン語でキス、ハグと書くことが多くて、xoの略語は、とんと使っていなくて、なんだか妙に新鮮でした~。

ほんとうに心をこめて、xoxoと・・・タイプされていたのを感じて・・・・^^

昔昔、遠距離恋愛をしていたころ、今のようにインターネットが主流ではなかったので、お手紙を毎週やりとりしていて、封筒の裏にxoxoと一杯書かれて送られてきたダーリンのお手紙のことを、ふと思い出しました。

知らない人が見たら、きっとなんじゃこりゃ?だったと思います。^^

また、xoxo、心をこめて使いたいと思いました☆

話は変わって、先日、アロマの定例会があって、みなさんの体験談を読んでいたら、日常で一杯自分のために精油を使っていて、わたしも生徒時代よりはかなり使うようになったのですが、それでも、発表してくださった先生たちに比べると、まだまだ使えていないかも~と感じました。 ^^;

生命エネルギーと愛が一杯つまった精油を使うことで、落ちていたエネルギーを上げやすくなったり、今の自分の状態にきづいていけます。また、不思議なことに、あまりにもネガティブになっていると逆に精油が使えなくなることもあります。 精油の香りが別の香りになっていたりして・・・

香りのメッセージにいつも導かれています☆

日ごろから沢山使っていると、自分自身を立てやすくなることは誰もが体験していて、わたしも何回精油の香り、エネルギー、効能に助けられたかわかりません。

大変になったときだけ使うのではなくて、日ごろから使っていると、エネルギーや心も安定しやすく、気持ちの切り替えも早いのだな~と感じるようになりました。 結構多くの先生たちがこまめに身体に塗っていて、セラピストだからということもあるのですけど、セルフメンテをしっかりとされていて、素晴らしい~ 多いに刺激を受けました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s