ときめくかときめかないか

先日テレビで面白い片づけ法を紹介していました。

以前、レッスンに来てくださっていた方がこのときめく片づけ法のことを話していたので、面白いな~と思っていたのですが、テレビで具体的なやり方を実際に片づけられない有名人のお部屋を例にとりながらやっていたので、とても参考になりいい刺激になりました。

いらないものを切り捨てていく消去法ではなくて、自分が残しておきたいもの、ときめくものがどれかを選択していきながら、物と対話していきます。 ときめかない、必要じゃないと感じたものに対しては「今までありがとう~」とひとつひとつ丁寧にお礼をいって処分していきます。

ときめくかときめかないかで選ぶという基準が親子で気に入りました。 ときめきで選んでいくと、自分の好きなものに囲まれて生活していくことになるからです。

必要なものを買うときというのは必要だからという理由で、値段で決めてしまったり、ほんとうに自分が欲しいものを手にするというよりは、まぁ、これくらいでいいかと妥協して買うことも少なくありません。

本当に気に入ったものを大切に使っていけたら、無駄も少ないし、好きなものだから、気分もいいものです。^^

でも、こだわりすぎても、今度は自分の理想以外は受け入れられなくなるという落とし穴があるので、気をつけないといけないとも感じています。

そして、なんでも捨てればいいかというと、そうとも限らないかも~と感じています。

例えときめかなくても必要なものってあります。

こどもとやりとりをしていて、教科書はときめかないと言われました(笑) が、捨てるわけにはいきません。生活に必要なものはずっと使って行く必要があるし、一度手にしたなら、きちんと使い倒してあげたいな~と、ぼろぼろになるまで使うタイプです。

目の前にあるものに感謝して、使っていくことも大事☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s