イタリアンにはまり中•全ては愛である

最近はこどもがイタリアン(特にピザ)にはまっているため、ここのところ、外食はイタリアンが多く、家でもピザを焼いたりパスタを作ったりしています。

わたし自身はチーズがとっても苦手で食べれないことから、みんながおいしい~って言ってるピザが一体どんな味なのかいまいち検討がつきませんが、チーズ入りの料理をもっと作れるようになりたいな~と思っています。(味見はできませんが・・・)

料理番組やお料理がでてくるドラマを見てると五感も刺激されて、不思議と食欲が湧いて来たり、何か作りたくなります。最近よく観てる番組がイタリア系アメリカ人のGiadaさんの番組と韓国ドラマのパスタです。

あれらを観ているとパスタが食べたくなります。 ^^

そこにでてくるシェフが無茶苦茶厳しく、口も悪いのですが、ほんとうにスタッフたちに成長してほしくて、あえて厳しく伝えているのですよね。 スパルタのような感じで、上から物を言う態度で最初は嫌だな~と思っていたのですが、(かつての父を思い出して・・・)、それは愛情表現でもあったのです。 厳しく伝えることって、ほんとうはとてもエネルギーが要りますし、場合によっては言った本人だって大変なはずです。

素直に受けてもらえないので、反発や抵抗をされて、憎まれることも多々あります。 荒々しく、いらつくことは自分にとってもほんとうは苦しいこと。

それでも、あえて厳しく伝えてくれること、これってほんとうに深い愛だったのだな~と妙に感じて、今まではいつも厳しく言われたり、相手はきっとそんな意識はないのでしょうけれど、やはり強い態度で主張されると、わたしはすぐにしゅんとなり、いじけてしまい、どうして?という想いを強く相手に向けがちでしたが、こんなに大変な想いをして伝えてくれること、それは実はとっても有り難いことであり、自分が気づけていないことを教えてくれていたのだな~と改めて感じて、妙に泣けてきました。

親の心、子知らず 素直じゃないわたしは、すぐに抵抗してしまう心がでてきて、受け止めることがなかなかできませんでしたけど、ほんとうに成長してほしくて、大切なことに気づいてほしくて、そのことを教えてくれているだけなんだ~と妙に感じて、最近、少々つらいな~と感じていたことがあったのですが、きっとそれもわたしが大切なことに気づくためのプロセスの一部なのだと思いました。 ドラマから、アロマのボードのシェアからもとってもインスピレーションをいただいて、「すべては愛である」ということを忘れないでいようと、元気がまたでてきました♪ ファイティン 今日の晩御飯はパスタにしようかな☆

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s