力を抜くと痛みも軽減

すっかり涼しくなって、金木犀香る季節になってきましたね。

歯の治療はまだ続いていて、歯石とりも通常だったら、もっと早く終わるのでしょうけど、わたしはかなりためこんでいて、ずっと歯医者とは疎遠だったので、恥ずかしながら、歯ぐき内にかなり固くこびりついていて、それをとる作業を少しずつしてもらってます。 歯茎も弱っていたので、歯石をとるときはいつも血だらけです。^^; あまりにも痛みを感じてしまうことから、何回かに分けて作業をしてもらっています。 麻酔も使えないため、超音波と主に手作業でガリガリと削りとってもらってます。

前に合谷(ごうこく)のツボが痛みに緩和するのに使えるかもしれないと書かせてもらって、前に試したときは違いを感じている余裕がなくて、いまいちその効果がわかりませんでした。 (歯石とりについての記事)しかし、今日はそれを実感できました。

今回は上の歯だったので、かなりの痛みを感じて苦行でした。口の中は血だらけです(苦笑)小さい歯石が一杯ついていて、かなりガリガリされました。 ツボを刺激した場合としなかった場合での痛み方の感じ具合を観察してみました。そしたら、やっぱりツボを押さえているほうが痛みが軽減します。 それと痛みがあるときは絶対身体に力を入れないこと、以前だったら、思わず診察台のどこかにつかまって、ぎゅ~と手にもすごく力が入り、手や身体にもとっても力が入っていました。 今回は身体の力を極力抜くように、リラックスするように意識してみました。 口を開けながら、ゆっくり呼吸してみたり・・・リラックスしたほうがやっぱり痛み方が全然違いました。

もちろん痛いことには変わりないのですけど、それをしなかったときの痛さとは違うと感じました。 身体に力が入ると無茶苦茶痛くなる。脳も痛いよ~ってものすごく認識してしまう感じがあります。でも、大丈夫大丈夫~と自分を励ましながら、こんなに丁寧にしてくださってありがとう~と感謝しながら、痛いけど、顔の表情もゆがんじゃってすごい形相だけれど、大丈夫大丈夫、もうすぐ終わるからと言い聞かせながら、身体の力を抜くようにしてたら、なんかやっぱり違うんです。 激痛が走る瞬間があって身体に力がギュッと入りそうになることが何回もあるのですけれど・・・(笑) その度に、力を抜いてみると、その後の感じ方がやっぱり違いました。

あと、2か所残っており、前歯だけは麻酔をかけるべきかちょっと悩んでます。

前歯って一番感じやすい場所らしいので、耐えられるだろうか・・・と。^^;

歯茎が少し腫れたので、今晩はクレイと精油で寝る前にケアします♪

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s