編み物 続き

編み物が楽しくなってきて、かわいい編み物の図案を見つけては、るーちゃんが幼いとき、わたしったらなぜ編まなかったのかしら~、こんなに素敵な作品が一杯あるのに~、いろいろなものを編んであげればよかったな~と今になって思いました。

随分昔に編み物をやっていましたが、途中で面倒くさくなってやらなくなってしまったのですよね。^^; かなり苦労しながら編んでいた記憶があり、楽しんでやっていなかったのかも (笑)

わたしがやっていた編み物って、最初の作品がレース編みから入って(小学高学年か中学生ぐらいだったかな)、コースターを必死の思いで母に尋ねながら編んでいて、何回もやりなおした記憶があり、やっとこさできたときは嬉しかったのですけど、緻密な作業だったので、もういいやってなった気がします(笑)、その後、棒編みでマフラーを編んだり、セーターを編んだりしていた時期がありますが、どうしても部分的に編み目が緩い場所がでてきたりして、均一に編むことが非常に難しく、ほどいてはやり直しをしていて、なんとか完成させて、外にも着て出掛けていましたが、完成させるまでが一苦労だったので、セーターは1枚作って終わり。 自分にとって、同じ目の大きさで均一に編むということが結構難しかったので、それ以来ずっと編んでいませんでした。 編み物=めんどくさい、難しい、大変とインプットされてしまいました。

今は気軽に作れるモチーフや小さい作品の本も沢山あるので、軽い気持ちでやってみたら楽しくて・・・

今度は楽しく続けられそうな予感がします☆

かぎ針も昔と比べて持ち手がついているのでとても編みやすいです。♪

もともと手芸は大好きで小学生5,6年のころは100個近くフェルトで人形などを作っていました。でも、ここでわたしの性格がものすごく出るのですが、やり出すと最後まで仕上げるまでずっとそれにかかりっきりになってしまい、ご飯を食べることさえ惜しんで他のことは何もせず、もうそれだけに没頭してしまい、しかも早く仕上げたいので、疲れていようが眠かろうが無茶苦茶がんばってしまうのです。(苦笑) そして、細やかな作業というよりは早く仕上りをみたいので、丁寧さにかけて雑になってしまうところがでてきて・・・作ることが大好きでしたが、どこか違うがんばりかたをしていたな~と今になってすごく感じます。^^;

もっと作る作業を楽しんでのんびりやればいいものを、わたしはなぜあんなにあせっていたのかな~と思います。いつも駆り立てられるように作っていました.

考えてみると昔のわたしはいつも早く結果を出そうと必死でした。 頑張りやさんだったのですね。 必死になればなるほど、かえって自分を大変にさせていたような・・・・

そんな生き方をずっとしてきましたが、それが自分を大切にしていないことだったんだと気づいてからは、あせらなくなりました。

今の自分でいいやって・・・少しずつ少しずつ進もうって思えるようになりました。

編み物って編み始めると止まらないのは今も同じなので、途中休憩をいれながら、疲れないように、隙間時間を見つけてのんびり編んでいけたらと思います♪

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s