ダ・ヴィンチ

るーちゃんと一緒に日比谷公園に設置された特別展ダ・ヴィンチ~モナリザ25の秘密を観てきました。 このダ・ヴィンチという人、才能溢れる人で、いろいろなことに長けていた人だったのだな~と展示物をみて本当に感心しました。

芸術家だっただけではなくて、建築、土木、人体に関する手稿をいろいろ残しており、彼が残したスケッチやノートに記録していたものを基にして発明しようとしていたものを実際に再現して作られたものが、いろいろ展示されており、これが非常に興味深く面白かったです。 どうやったらこんなことが思いつくのだろうとわたしの頭では到底無理。^^; ほんとうに頭のいい人だったのでしょうね。その中でも個人的に印象に残ったのが空を飛ぶためのもの、ポータブルピアノや時計。面白いしかけとなっていました。 ほかには人体解剖図。 観察力が非常にあった人だということが図からうかがい知れました。彼はいろいろなことに興味を持ち研究していたようです。自転車の原型になるものもありました。わざわざ公園の中に特設美術館を作ったのは、これらのものを置くスペースが必要ってこともあったのかなと思いました。

るーちゃんの関心は絵画であったので、絵やモナリザのことばかり真剣に観ていました(苦笑) すでにダヴィンチの伝記は読んでいたようで、わたしにも解説してくれたりしました。 もし、るーちゃんが500年前に生きていたら彼の弟子になりたかったそうです(笑) ルネッサンス時期の絵画が大好きで、このような絵が描けるようになりたいと憧れています。 さて、モナリザですが、500年前当時のモナリザの絵と現在修復されてしまっている絵では色合いも違っていたようですし、形も微妙に違っていた事を知りました。それを解明していくことができる今の光技術もすごいと感じました。

彼が残した絵画の作品はあまり残っていないそうで、今回の展覧会で原画はもちろんなし。 どの絵も大変貴重で、年数も経っていて傷みやすいことから、所 蔵している美術館や場所から門外不出となっているため、絵画はすべてコピーされたものだったので、本物をいつか観てみたいと思いました。ちなみにモナリザはルーブル美術館所蔵。
いくつか展示されている彼の絵の中で、るーちゃんは「岩窟の聖母」の絵の前からしばらく離れられず、ずっと絵の前にいました (ナショナルギャラリー、ロンドン所蔵)わたしもこの絵、好きです。絵の形も他のと違っていて、それがまたいいな~と思いました。 「美しきプリンセスの横顔」も素敵でした。

この当時のドレスや髪形、みなさん独特な雰囲気で素敵だな~と違うところをじろじろ見ていたのですが、その中で、赤ちゃんが聖母のお乳を飲んでいる絵があったのですけど、ドレスの作りが、今でいう授乳服みたいな感じになっているような気がしたのですよ。ちゃんとその部分だけ出せるように・・・ステッチがほどけるようになっていて・・・これは破けたのじゃなくて、開くことができるように、きっと施してあるのよね。・・・・と変な所に目がいって・・・「ママは一体何を見ているの」と言われましたが・・・当時の服装や文化、どんな生活をみんなはしていたのか、そちらのほうが妙に気になりました。^^ それと、絵を描くのにラピスラズリが使われていることは以前、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」の絵で知ってへぇ~と思ったことがあったのですが、今回もラピスラズリの青色のことがでてきて、なんだか妙におお~感じるものがありました。ルネッサンス絵画にもこのラピスラズリって沢山使われていたのですね~

それから、展示途中、黄金比率のコーナーというのがあって、一番美しく見える比率というのがあり、ダ・ヴィンチが提唱していた黄金比は1:1.618でした。自分の体形がその黄金比率に近いかどうかを見ます。 ちなみに3段階のグループに分けられ、比率がパーフェクト、限りなく近ければ金、そこから少し離れると銀、更に離れると銅と、まるでメダルみたいな分け方がされていました(笑) 絵画や彫刻にもその比率が使われていたようです。さて、実際に測ってみると、わたしはシルバーで、ちょっとゴールドにいたるには比率が足りなかったみたいです。るーちゃんはパーフェクトに近い黄金比率で、ゴールドがでました。 このゴールドを出す人はそんなに沢山はいないそうです。珍しいのですよと係の人に言われました。 これって喜ぶべきことなのか? よくわからないけれど、よかったね~と喜んでいました☆ ひょっとして、足が長い人、8頭身に近い人がゴールドになるのではないかな~と感じました。

いろいろなものが観れたり、実際に触れたりするコーナーもあったので、楽しかったです。 最後の出口で巨大スクリーンに「最後の晩餐」が映し出されていました。
ミラノにある修道院の食堂の壁画として描かれたものです。

ここでもしばらくるーちゃんは動けずにいて、しばくらく座って絵をじっくりと鑑賞してしあわせに浸っていました。  そして、おみやげコーナーでガチャガチャがあって、どの絵がでてくるかわからないけれど、ミニフレームに入ったものがでてくるのがあって、わたしは人体図だったら、いらないな~と思いましたけれど(笑)・・・るーちゃんはどれが出ても嬉しい~♪ということでやってみたら、でてきたのが、最後の晩餐でした!るーちゃんは大喜び。 そういえば、るーちゃんが通っていた保育園にもこの絵が飾ってあったことを今になって思い出しました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s