serendipity

クリスマスの夜、セレンディピティという映画を観ました。

2009年に実は一度観ているのですが、そのときは偶々チャンネルを変えていたらやっていて、途中からだったので全部を観ることができませんでした。 個人的に鳥肌が立った映画です。

2年前、ちょうどこの映画を観たとき、伴侶がキーワードになっているものを立て続けに偶然にも見せられるということが続いたあとに観た映画だったので、妙に深く感じるものが自分の中でありました。絶妙なタイミングで観た映画だったからです。

今回は最初から最後まで観れたので、満足。もうストーリーの展開は知っていたので、最初に観たときのような感動はなかったのですが、やっぱり良かったです。

二人の男女がお互いに惹かれあい運命のようなものを感じつつも、お互いそのときは恋人がいたので、女性のほうは躊躇します。ほんとうに運命の人であればまた偶然出会えるだろうと試すことになるのですが・・・・・

あまり書くとこれから観る人の楽しみを奪ってしまうので、詳細は控えます。 見方によってはかなりロマンチックな内容で、こんなこと普通ありえないよって思う人もいるかもしれませんけど、形は違えど、本当に出会うべき相手と出会うときというのは、何か感じるものがあったり、ちょっとした偶然(必然)が重なりあったりします。

もうその相手に出会えないとあきらめそうになっているとき、同じようなタイミングでお互いそういう状況になっていたり、ちょっとの差ですれ違っていたり、お互いの意識、気持ちが実はとっても深く連動しあっていて、影響しあっているということを映画を観ているとよくわかり、これは映画の中の話だけではなくて、実際、現実の生活でも同じだったりします。 映画の中では、自分が本当に求めているものからずれているところに自分自身がいるとき、サインを見せられます。 それで、二人はああ~メッセージ(サイン)だと気づき、動きだします。 何かが違うよって周りの人たちや物事が教えてくれ、二人はその流れに身を任せて行動し始めます☆

運命とは見えない力によって導かれているとよくいわれますが、それだけではなくて、同時にわたしたちは自分で自分自身を確実に導いています。自分自身の気持ちの持ち方でいかようにも人生の流れが変わっていくことを教えてくれる映画でした。

Advertisements

2 thoughts on “serendipity

  1. 人が生活する中で、偶然の出会いはないそうです。すべてが必然的に出会っているそうです。
    私もとても不思議な体験をしたので、それはありうるとおもいます。セレンディピティ観てみたいですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    • すべては必然。 ほんとうにわたしもそう思います。 ^^

      だから、どんな出会いも何か意味があって起きているのですよね。
      機会があったら、是非観てください☆ 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s