ゴッホ

ちょっと前にゴッホの油絵が書かれたノートを100円ショップで買いました。 そしたら、るーちゃんが学校でゴッホの肖像画が書いてあるポスターを持ち 帰ってきまして、それはいろいろな画家の作品を展示していたものだったのですけど、すでに展示は終わってしまっていて、そのあと、またすぐに六本木の国立 新美術館でゴッホ展が始まっているよ~とるーちゃんが教えてくれて(12月までやっていて、その後、九州、名古屋へも巡回する予定です)、週末一緒に行っ てきました。

123作品(ゴッホの作品とゴッホが影響を受けた画家の作品)が展示されていて、とっても興味深かったです。こんな風に美 術品を鑑賞するのは何年ぶりでしょうってくらい久しぶりかもしれません。玉にはいいものだな~と思いました。るーちゃんはわたしより真剣に絵を観ていまし た。

 

 

 

 

 

ゴッホのことを書いていたら、お友達から「ヴァンゴッホカフェ」という児童書のことを教えてもらいました。とても素敵なお話だったので、ここでも紹介しようと思います。

主 人公はカンザス州にあるVan Gogh Cafeのオーナーの娘クララ。このカフェで魔法のようなことが起こるのですけど、この女の子がどんなことも起こりうると信じてるからであり、毎回誰かが カフェを訪れる度に、さまざまなことが起こるのですけど、それぞれの存在が周りの人たちにも+に影響していく流れになっていく内容で、 どのお話も微笑ましくて・・暖かい気持ちになりました。

信じる気持ちってとても大切だと感じました。

魔法のようなこと というと、特別なことのように感じがちですけど、魔法のようなことは実はわたしたちの周りでもすでに起こってるのかもしれないと思いました。 翻訳本で は魔法のようなという言葉が始終使われていましたが、実際、magicalという単語にはうっとりするような、我も忘れてしまうようなという意味合いもあ るので、そういう意味も含まれていると思います。

こうして生きていること、それは当たり前のことではありません。
今、わたしたちがこうして生かされていることさえ、奇跡だとしたら、それも魔法のようなこと・・・・・

沢山の人たちがこの地球上に住んでいて、日々いろいろな人たちに出会えるということも魔法のようなこと

わたしとダーリンが出会ったことも魔法のようなこと
るーちゃんがわたしたちのもとに来てくれたことも魔法のようなこと

見知らぬ誰かが今こうしてここを読んでいることも魔法のようなこと

魔法のようなことが一杯だ~と思いました。

アインシュタインの言葉でこんな言葉があります。

「私たちの生き方には二通りしかない。
奇跡など全く起こらないかのように生きるか、
すべてが奇跡であるかのように生きるか」

すべてが奇跡であるかのように生きることができたとき、
どんどん素敵な魔法のようなことがあふれでてくるかもしれません。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s