親の心、子知らず

梅雨に入り、蒸し暑い日になってきましたね~

昨晩は久しぶりにさぼっていたセルフのボディリメイクをスタート。いつの間にか下半身に結構お肉がついていて、あらら、これではいけないと、ちょっと真剣にやってみよう~と意識しはじめました☆ ゼラニウム、ユーカリ、レモン、サイプレスをブレンドして使ってみました。

最近、親子で、気づかされることが一杯ありまして・・・・

子育てってほんと自分育てだな~と感じます。

親 というものは、どんなときもこどものことが心配になったりします。だからこそ、よけいなことだとわかっていてもいろいろあれこれ言いたくなってしまうこと もあるし、子供を縛りつけることを言ってしまうことも時としてあったりします。(えへへ、それは、わたしです。 わたしもいつの間にか両親と同じことをし ていて、はっとしました(笑)

今になって、親がどんな気持ちでいたのかが身にしみてわかるようになりました。干渉しないでほしい、もっと 自由にさせてほしい、自分のやり方、考えを理解してほしいと反発ばかりしていましたが、親の言う通りになる必要はなくて、「ただ、その気持ちを受け止めて あげる」だけでよかったのだな~と今になってそれがよくわかりました。

子供との関わりで、いつも気をつけていきたいと感じていることはこ どもの感情を受け止めてあげること、行動は注意することがあっても、感情は別のもの。 感情はそれがどんな感情であっても、受け止めてあげることがとても 大切であることを最近ひしひしと感じるようになって、これは別に子供だけではなくて、大人も同じ。

両親の気持ちを受け止めることができな かったのは、そのときのわたしがまだまだこどもで、一方的に押しつけられている気がしてちっとも感謝できなかったからなのですけど。親は親でこどもに拒絶 されて、よけいに言いたくなったのだろうな~とるーちゃんとのやりとりから気づくことがあって、母と父の気持ちが自分の中にもやっと深く入ってきました。

若 いころは親を責めてばかりいましたから、ほんとにごめんなさいです。気持ちを受け止めてあげれていれば、親の態度もきっと随分違っていただろうと思いま す。受け止めず反発ばかりするから、余計に言われていたわけです。両親が言ってくれる言葉への感謝が全然できていませんでした。 だから、よけいに言われ ていたのだな~と。(苦笑)

抵抗しようとするから、ますますもがくことになる。

それをわたしは長年してきたのだな~と気づいて、抵抗する生き方はもう辞めようと思いました☆

Advertisements

One thought on “親の心、子知らず

  1. Pingback: 怒りの裏には・・・ | ティエラ - 癒しの小部屋より

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s